先輩紹介

機械設計/開発/開発部 製品開発1課/田口 矩義/2011年入社 機械システム工学専攻卒

機械づくりの「1」から「10」まで。すべてに携わり、アイデアが形になる喜び
機械づくりの「1」から「10」まで。すべてに携わり、アイデアが形になる喜び

志望動機 高性能な工作機械を開発・製造

私は大学、大学院時代に、実際に工作機械を使って実習や研究を行っていました。日々モノづくりを体験できる環境のなかにいたことで、次第に「工作機械業界で働きたい」と思うようになりました。なかでもシチズンマシナリーは、就職活動で本社の工場見学に訪れた際、シンコムがすばやく正確な動きで材料を加工する様子を見せてくれました。それを見て驚くとともに、素直に「この機械の開発・製造に携わりたい」と思ったことを今でも覚えています。さらに、機械全体に関わることができる“完成品”メーカーであることにも魅力を感じ、入社を決意しました。

仕事内容 アイデアが形になる仕事

新機種の開発、設計を行っており、主に、機械本体の各パーツなどを担当しています。開発の際に必要となる要素試験や、初期流動管理と呼ばれる量産を開始した後の社内での工程作業、不具合が発生した場合の対応を行っています。また、試作や量産の工場立ち上げの際の現場のサポートもしています。

この仕事の魅力は、なんといっても自分のアイデアが形になること。開発中は、何度も設計を見直し、図面を書き直します。画面の中だけで見ていたものが製品として実際に組み立てられ、稼働しているシーンを見ると本当に感動します。また、他部門と協力し、試行錯誤を繰り返して完成した機械が、初めてお客様のもとに出荷されていく姿を見ると、非常に大きな達成感とやりがいが感じられます。

パソコンと向き合う時間が多い仕事ですが、最も大切なのはコミュニケーション。どんなに小さな疑問でも、先輩や現場の方々に質問や確認をして、図面の中にあいまいな部分が残らないようにしています。

キャリアプラン 一つの機械全体が設計できるよう

将来は機械全体の構想設計ができるように取り組んでいきたいです。そのために日々の設計業務を通して、様々なことにチャレンジし、トータルで設計するために必要な広く深い知識を身につけていきたいです。

1日の業務スケジュール

8:10
朝礼
8:20
構想設計・細部設計
10:00
休憩
10:10
細部設計・デザインレビュー・部品設計
12:00
昼食
12:40
打ち合わせ・製図
14:50
休憩
15:00
検図・図面のまとめ・出図
17:00
資料作成・マニュアル原稿作成
19:15
1日のまとめ
19:30
退社

学生の方へのメッセージ

一つの機械を作り上げたとき、
大きな喜びがあります
シチズンマシナリーは、機械づくりの「1」から「10」まで携わることができます。部品1個の図面からお客様に納品するまで、一つの機械を作り上げたいという人には良い環境だと思います。また、自分の書いた図面から部品ができ、その部品が組み立てられ一つの機械になって稼働している姿を見ると大きなやりがいを感じられます。ぜひ、一緒に新たな機械をつくり上げましょう。
Noriyoshi Taguchi

休日の過ごし方

親しい仲間たちと大自然を満喫
休日は、映画鑑賞、読書、登山、ドライブ、ツーリング、ミニ四駆と多彩な趣味を楽しんでいます。特に、会社の同僚とさまざまな山を登ることは、日ごろの疲労感も忘れるほどの大切な時間です。自分の力で登った山から見る景色の美しさは格別です。