お知らせ

シンコム・ミヤノブランドのプロダクトデザインを一新
~機能美を追求、革新的なものづくりを表現した新しいカタチ~

2016年7月7日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、株式会社GKインダストリアルデザイン※1(本社:東京都豊島区高田、社長:朝倉 重徳)と協業し、2016年7月から出荷する新製品シンコム「Rシリーズ」を皮切りに、「シンコム」、「ミヤノ」の両製品ブランドにおいて、プロダクトデザインを一新します。

当社は、それぞれ独自の特長を持つ「シンコム」、「ミヤノ」の二つの製品ブランドを展開し、お客様にご愛顧いただいております。今回の新デザインでは、両ブランドに共通するシチズンらしさの表現を継承しながら、シチズン製品のプロダクトアイデンティティー(製品的特長)である “ 革新的なものづくり ” を工作機械本来の美しさとともに表現しました。これにより一目でシチズンマシナリーの機械と分かる、特長あるデザインとなりました。

Cincom R01/04
※1
株式会社GKインダストリアルデザインは、GKデザイングループを構成する1社で、日本のインダストリアルデザインの草分け的存在。事業内容は企画・開発、製品デザインにわたる。GKデザイングループは1952年設立の総合デザインオフィスで、国内8社、海外4社で構成され、国際的視野のもと活動している。

デザインの特長

1.メタリックシルバー色の扉

機械の中心にシルバーの扉を印象的に配置し、白とグレーの塗装色と合わせて明解な構成とすることで、高品質・高精度なイメージを表現しました。

2.白とグレーのモノトーンカラー

2色のカラーリングは、作業環境や工場を明るくし、時流に流されずに陳腐化しない機械のイメージをつくります。工場空間と人を結びつける役割である機械として最適な色であると考えています。

3.オリジナルハンドル

機械本体と共にデザインした握りやすいオリジナルのハンドルを採用。作業着などが引っかかる突起部分なども取り除きワンポイントカラーとしてのブルーを配しました。

発売機種(シンコムRシリーズ)の詳細につきましては別ページ参照ください。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
広報IR室
042-466-1232(直)
報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部 営業戦略部 広報課
0267-32-5901(直)
Page Top