LFV technology

さらなる生産性向上を実現する
新時代の加工技術
スクロール
  • lfv photo1
  • lfv photo2
  • lfv photo3

LFVとは

LFV(低周波振動切削)技術は
シチズン独自の制御技術により X・Z 各サーボ軸を切削方向に振動させ
その振動を主軸回転と同期させながら切削を行う方法で
切削中に“空振り”時間を設けることにより
切りくずを細かく分断しながら加工します
この方法は、切りくず処理の難しい材料に最適な加工方法です

  • LFV製品写真1
  • LFV製品写真2
  • LFV製品写真3
  • LFV製品写真4
  • LFV製品写真5
  • LFV製品写真6
効果がある材料は?
インコネル、チタン、ステンレス、鉄、銅、ナイロン、プラスチックなど

LFVの特徴

1
さまざまな形状の加工に対応

水平面
水平面の図
垂直面
垂直面の図
テーパー
テーパーの図
円弧
円弧の図
穴あけ
穴あけの図
オイルホールドリルによる深穴ドリル加工
  • 深穴ドリル加工写真1
  • 深穴ドリル加工写真2

分断された細かい切りくずがドリルの溝を通ってスムーズに排出されるため、ステッピング回数を大幅に削減できます。

φ0.2mmを残す微細加工
  • 微細加工写真1
  • 微細加工写真2

このような加工もできます。

2
2つの振動モード

モード 1ワーク1回転あたりの振動回数を指令する方法
しっかり切りくずを
分断したいときに
モード1の図
モード 21振動あたりのワーク回転量を指令する方法
細物加工や小径深穴加工など
周速が必要な時に
モード2の図

3
簡単に使える

既存のNCプログラムに、「開始」と「終了」の2行の指令を追加するだけで後は、NCが自動で振動動作を実行します。
また、1行ごとにON/OFFの切り替えが可能です。

LFV指令フォーマット

図:LFV指令フォーマット
LFVと慣用切削の違い
動画サムネイル1
LFVによる切りくず分断の仕組み
動画サムネイル2

LFVのメリット

慣用切削
写真:慣用切削
LFV
写真:LFV
切りくずによる、不良品の発生刃具の破損が減少
加工コストが抑えられる
切りくずを除去するために加工を止める回数を大幅に低減
加工監視の負荷を軽減し
無人での量産の可能性も広がる
切りくず比較
写真:切りくず比較
切りくず掃除の頻度も
大幅に減少
生産効率のアップに
大きく貢献

ユーザーの声

Q.1切りくずの分断性は
十分でしたか?

  • 分断性は十分
  • 切りくずの巻きつきが
    大幅に減少した
Yes:100%

Q.2切りくずによるチョコ停は
減少しましたか?

  • 切りくず絡みをチェックする
    必要が無くなった
  • チョコ停回数に変化はなかった
  • もともとチョコ停はなかった
Yes:84%

Q.3切りくずの容量は
減少しましたか?

  • 1/2 ~ 1/10に減った
  • 回収頻度にそれ程の変化なし
  • チップコンベア使用のため不明
Yes:74%

Q.4LFV使用に満足していますか?

  • 安定した品質で生産できる
  • 癖はあるがとても有効
  • LFVに慣れると逆に将来困る
  • 工具寿命をもう少し延ばしたい
Yes:89%

Q.5次もLFV機能を
購入されますか?

  • 無人運転には有効
  • 切りくずトラブルが激減
  • 全台に搭載する必要は無い
  • 価格により検討する
Yes:90%
矢印アイコン

お客さまの声を
実証するように…

国内で出荷されているL20の
およそ6割LFV
搭載されています!

製品写真:L20
グラフ

LFV搭載機
ラインナップ

2014
Product photo

VC03

LFVを搭載し
新たな加工領域を切り拓く

シチズンの工作機械で初めて「LFV」を搭載し加工技術の新たな扉を切り拓いた「VC03」。省スペース・コンパクト設計により、工場ラインの短縮化を可能にし、GNシリーズから受け継いだ「高精度のための機械構造」により、抜群の高精度加工を実現します。

MORE
2016
2016年(第59回)日刊工業新聞十大新製品賞モノづくり賞受賞Product photo

L20

モジュラーデザインを採用し
モノづくりの多様性に応えます

シンコムブランドのベストセラー「L20」は、コストパフォーマンスに優れた5軸機から、B軸と対向刃物台Y軸を搭載したハイエンド機まで、4モデルをラインナップ。オプションでLFVを選択でき、さらに加工の幅が広がりました。

MORE
2017
Product photo

L12

着脱式ガイドブッシュを標準装備
小径対応5軸加工機

ガイドブッシュ機とガイドブッシュレス機、2台で行っていた加工も、ガイドブッシュを短時間かつ簡単な作業で着脱できる「L12」なら、1台でこなすことができます。15,000min-1の高速主軸と、10,000min-1の回転工具を装備し、さらにオプションのLFVにより、多彩な小径加工のニーズに対応します。

MORE
Product photo

MC20

加工モジュールの組み合わせによる
マルチステーション化で
さまざまな工程レイアウトに対応

3基の加工モジュールの組み合わせで構成される「MC20」は、単軸旋盤3台分の加工ラインを1台に集約することができます。ワークのIN/OUTと経路を任意に設定できるので、最適な工程配分とワークフローを実現。もちろん、すべてのモジュールに、オプションでLFVが搭載可能です。

MORE
Product photo

BNA42GTY

タレット+くし刃が可能にする
豊富な加工バリエーション

タレットの多様性と、くし刃の高速性を組み合わせた機械構成で、最大43本の工具が搭載可能。3系統機の機能を生かした3工具同時加工をはじめ、オプションのLFVにより、豊富な加工バリエーションを実現します。

MORE
2018
Product photo

L32

モジュラーデザインを採用した
Lシリーズ最大のφ32mm対応機

モジュラーデザインを採用し、4モデルをラインナップ。中でも、IX、XII型は、くし刃刃物台回転工具にB軸を搭載し、複数の異なる角度を持つ斜め穴加工や、4軸同時制御のコンタリング(輪郭)加工が行えます。また、オプションのLFVにより、切りくずに関するトラブルを大幅に軽減します。

MORE

お問い合わせ

製品・技術に関するご質問やご相談は、
お電話またはインターネットで
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

シチズンマシナリー株式会社 営業本部
0267-32-5901
受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日休み

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
「LFV」はシチズン時計株式会社の登録商標です。