お知らせ

マルチステーションマシニングセルの第2弾
「MC20 IV型」開発
~異なるワークが流れるように量産される「個の量産」を実現~

2014年10月9日
シチズンマシナリーミヤノ株式会社

シチズンマシナリーミヤノ株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町 社長:中島 圭一)は、マルチステーションマシニングセルの第2弾となる「MC20 IV型」を開発。

新製品は、10月30日から東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2014」に参考出展します。

クリックで画像拡大

マルチステーションマシニングセル
「MC20 IV型」
発売日:未定

近年、世界の製造業には標準化・共通化による少品種大量生産と、ニーズの多様化、個性化による多品種少量生産という、相反する生産システムが共存しています。その両立・融合を実現すべく、当社は『個の量産』※1というモノづくりのコンセプトを掲げ、新しい部品加工システムとして、モジュラーデザインを採用し、複数の加工モジュールに、加工工程を最適配分する、「マルチステーションマシニングセル MC20」を昨年発売。この度、シリーズ第2弾となる「MC20 IV型」を開発しました。

「MC20 IV型」は、主軸と刃物台という複合旋盤の基本機能を持つ同一加工モジュールを一つのベッド上に4基搭載しています。統合型多系統並行制御技術の開発により、一部品の加工工程を分散することによるタクトタイムの短縮だけでなく、一つひとつ異なる部品を大量生産と同等の効率で生産する多品種連続生産を可能にし、『個の量産』を具現化しています。

「MC20IV」機内ワーク流路
■モジュラーデザイン

シチズンマシナリーミヤノが提唱するモノづくりコンセプト『個の量産』※1に基づくものであり、主軸、タレットなどのユニットや回転工具装置などのツールホルダーに加え、さまざまなアタッチメントなどの機種間を跨ぐ共通化を推進することで、お客さま個々に最適な機械を提供することを可能としています。これにより、お客さまのモノづくりの最適化に貢献します。

主な特長

1.機械1台分の機能をコンパクトに凝縮した加工モジュール(ステーション)を4基搭載

主軸台と刃物台という複合旋盤の基本要素を持つ4基の同一加工モジュールを、一つのベッド上に構成しています。各モジュールは、あたかも独立した機械のように加工し、且つ互いに連携し、直接ワークを受渡しながら複数のモジュールで加工プロセスを分担することで、高い生産性を実現します。また今後、旋削以外の様々な機能モジュールも順次ラインナップに加えていきます。

2.異なるワークが流れるように量産される・・
『個の量産』思想ラインを実現する統合型多系統並行制御

異なる部品の多品種連続生産を効率的に行う「統合型多系統並行制御」を開発。全加工モジュール全てに、部品を搬入出するローダー装置を搭載することにより、4つの加工モジュールに①②③④の順でワークを流すだけではなく、それぞれのワーク加工に最も効率的な加工モジュールを選択し、最適な経路にワークを流動させ加工を完了することが可能になりました。
従来の制御において、異種ワークが混流する場合に必要となっていた、ワーク切り替え時の前ワークの払い出し動作を待つ必要がないため、異なるワークが流れるように量産されるという、切れ目のないランダムフローが可能となり、無駄時間が排除されます。多品種小ロット、変種変量生産における効率的な連続運転が可能となり、従来のシリアル生産ラインにはできない、柔軟且つ高度に統合された『個の量産』思想のラインを実現します。

バリエーションパターン

3.アルカプリソリューション※2 対応

ネットを介して機械の保守・管理が行えるLAN機能を搭載。alkapplysolutionとの連携によって、シチズンの各種ネットワークサービスと接続が可能です。ICT(情報通信技術)と機械、双方の技術開発を更に押し進めながら、将来のスマートファクトリー構想への発展にも準備を進めています。

4.高精度でフレキシブルなワークフロー

すべてのモジュールに標準ローダーを搭載し、ワークの入口と出口を全方位に配置可能としました。主軸間の直接受け渡しと合わせ、高精度且つ確実なフレキシブルワークフローを実現します。

5.バー材仕様に対応

素形材だけでなく、自動旋盤メーカーとして当社が得意とするバー材仕様にも対応します。これまでの概念を覆す4主軸の次世代型自動盤としても稼働が可能です。

主な仕様

型式 MC20 IV型
チャックサイズ 4インチチャック
最大加工長(L) 60mm
主軸最大穴あけ径 Φ7mm
主軸最大ねじ立径 M6(切削タップ)
くし刃回転工具最大穴あけ径 Φ5mm
くし刃回転工具最大ねじ立径 M5(切削タップ)
早送り速度 X軸 32m/min
Y軸 32m/min
Z軸 38m/min
A軸 40m/min
工具取付本数 Max.6本/モジュール
主軸最高回転数 Max.8,000min-1(チャック装置の種類により異なる)
回転工具主軸最高回転数 Max.8,000min-1
主軸電動機 2.2/3.7kW
くし刃回転工具主軸電動機 0.75kW
電源容量 20KVA
重量 5,200kg
MC20 IV型
チャックサイズ
4インチチャック
最大加工長(L)
60mm
主軸最大穴あけ径
Φ7mm
主軸最大ねじ立径
M6(切削タップ)
くし刃回転工具最大穴あけ径
Φ5mm
くし刃回転工具最大ねじ立径
M5(切削タップ)
早送り速度【X軸】
32m/min
早送り速度【Y軸】
32m/min
早送り速度【Z軸】
38m/min
早送り速度【A軸】
40m/min
工具取付本数
Max.6本/モジュール
主軸最高回転数
Max.8,000min-1(チャック装置の種類により異なる)
回転工具主軸最高回転数
Max.8,000min-1
主軸電動機
2.2/3.7kW
くし刃回転工具主軸電動機
0.75kW
電源容量
20KVA
重量
5,200kg
※1
『個の量産』: 相反する少品種大量生産と多品種少量生産の両立・融合した「革新のモノづくり」を実現する、シチズンマシナリーミヤノが提唱するモノづくりのコンセプト。この『個の量産』の実現により、新たな付加価値を提供し社会に貢献することを私たちの事業ビジョンとしています。
※2
アルカプリソリューション: 機械と最新の情報端末を融合し、お客さまの抱える課題を解決する様々なアプリケーションです。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ先
シチズンマシナリーミヤノ株式会社
営業本部
0267-32-5901(直)
報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
042-466-1232(直)
Page Top