1961
小型万能研削盤FG-3
1961~1979年製造
小物精密部品を高精度に仕上げるための万能研削盤で、簡単な操作性が特長。シチズンの工具部門において、主にプレス部品の研削をするために用いられた。砥石フランジを交換するだけで内研/外研の変更ができるため、ワンチャックで簡単に内径/外径の研削が可能。
姉妹機に大型のTG-2やTG-3がある。
小型万能研削盤 FG-3
センター間距離 50mm
ワーク軸速度 1800min-1
3000min-1
砥石軸速度 8000min-1
9800min-1
12000min-1
最大チャック径 ø6mm
内研用砥石軸速度 50000min-1