社長メッセージ

新生・シチズンマシナリー
『個の量産』の具現化により、真の「グローバル企業」へチャレンジ
シチズンマシナリー株式会社 代表取締役社長 中島 圭一

2015年4月1日に、当社は「シチズンマシナリーミヤノ」から、「シチズンマシナリー」へ商号変更致しました。

近年の工作機械市場は、円安を背景として日本の製造業が元気を取り戻し、欧米も堅調に推移するなど、先進国における製造業の復活が顕著になってきております。

一方、中国をはじめとする新興国はやや成長率を鈍化させているものの、今後も成長を続ける巨大マーケットであると同時に、量産工場集積地としての存在感はますます大きくなると考えられます。

またドイツの「インダストリー4.0」など国を挙げての製造業の革新・活性化への取組みも本格化しており、これからが本当の意味での、製造業のグローバル競争時代であると認識しています。

このような環境下においては、単に良いものを造って販売するだけにとどまらず、提供スピード、付帯サービス、更にはお客様個々のニーズにあったご提案など、グローバル市場で求められる全ての付加価値をもう一度見つめ直し、常に新たな価値として再生・創造し続けることこそ、真の「グローバル企業」として持続的に成長する為のキーファクターであると考えております。

当社は、事業コンセプトとして提唱している『個の量産』を、商品・サービス、更には生産プロセスとして具現化することに一層注力するとともに、グローバルのお客様の生産革新に向けた多様なご要望に迅速に応え、果敢に挑戦し続ける企業を目指して参ります。

新生・シチズンマシナリーのチャレンジに是非ご期待頂き、倍旧のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。