企業理念

より良きモノづくりを目指して

変革の時代において、社員一丸となり成長を目指す

ここでは、シチズンマシナリーグループ(以下、シチズンマシナリー)に集う社員一人ひとりに、私たちの普遍的な理念であるミッションとバリューについて解説しています。

目まぐるしく変化する時代環境の中でも、社員全員が目的意識や価値観を共有し、
一丸となって企業活動を遂行するために。

事業を推進する組織の「縦糸」と、部門と部門、人と人とのつながりである「横糸」が、
バランスよく織り込まれた強靭かつ風通しの良い会社を実現するために。

お客様と社会にさらなる貢献を果たし、ともに成長できる企業となるために。

私たち、シチズンマシナリーの社員全員が意識し、実践すべきことを紹介します。

一人ひとりの行動の基本

ここに掲げる理念は、私たちの活動の拠り所となる考え方や行動の基準を示しています。
これは、私たちがこれまで培ってきた価値を大切に継承し、新たな時代に向けた視点で見つめなおし、改めて社員全員で共有できる形として明文化したものです。
新しい課題に挑戦するとき、あるいは、日々の業務やお客様と接する上で判断に迷うとき、この企業理念に立ち返って考え、行動します。

シチズンマシナリー理念・ビジョン体系

Mission

シチズンマシナリーの存在意義、何を目的として企業活動を行うのかを表明したもの

革新的なモノづくりの実現を通して、
お客様の安心と成長、そして
世界中の製造業の発展に貢献する。

  • 革新的な
    モノづくりの実現
    お客様の期待やニーズをさらに越えて、これまでにない新しい機能やしくみを提供していくモノづくりこそ、“革新的なモノづくり”です。未来のあるべき姿を描き、これまでにないアイデアを盛り込みながら、私たち自身、そして、お客様の“革新的なモノづくり”を実現します。
  •  
  • お客様の
    安心と成長
    お客様の安心と成長。それは、時代や環境が変化する状況においても、お客様が将来にわたって安定的に事業を運営し、さらに発展し続けられる状態をつくることです。絶えず変化するお客様のニーズに応えるため、私たちはお客様とともに歩み、ともに新たなモノづくりの形を追求していきます。
  •  
  • 世界中の
    製造業の発展
    私たちが直接的に製品やサービスを提供するお客様の多くは、部品の機械加工を営むお客様ですが、私たちが提供する“革新的なモノづくり”は、さらにその部品を使用するメーカーの発展にも寄与します。つまり、私たちは世界中の製造業の発展を支える大きな役割を担っているのです。

Value

ミッションを実現するために、会社や個人が大切にする価値観、姿勢を表明したもの

  • 挑戦
  • 技術とモノづくりへの情熱を持ち、
    変化を恐れず、新たな試みに挑戦する。
    “革新的なモノづくり”を実現する上で、もっとも大切な価値観は“挑戦”です。“挑戦”なくして“革新”はありえません。失敗を恐れず挑戦する姿勢は、当社のこれまでの成長を支えてきたものであり、これからも持ち続けるべき価値観です。
  • 誠実
  • お客様に対し、モノづくりに対し、
    誠実・真摯に取り組む。
    お客様から将来にわたって信頼をいただくためには、お客様の視点に立ち、お客様の価値、安心と成長につながるモノづくりとは何かを問い続けること、そして、さらなる高みを目指したモノづくりに対して真摯に向き合う誠実さが求められます。
  • 共創
  • お客様とともに歩み、お客様との繋がりの中で
    新たな価値を創りあげる。
    お客様の“革新的なモノづくり”を実現するためには、お客様をより深く理解する存在でなければなりません。お客様とともに歩み、対話し、お客様が真に求めているものを捉え、変化する環境の中においても、お客様ごとに最適かつ新たな価値をともにつくりあげていく。それこそが“共創”です。
  • スピード
  • 一歩先を考え、自ら進んですぐに行動する。
    私たちを取り巻く環境は常に変化しており、その変化のスピードも速まってきています。そうした中で、さらに革新のモノづくりを実現していくためには、変化の先を行く“動き出しの早さ”が求められます。そして、それを実践するために、自ら考え、進んで行動することが重要です。
  • 働く喜び
  • 個性の違いを尊重し、働くよろこびや
    やりがいを通して、ともに成長する。
    当社の事業活動を実践するのは、私たち社員一人ひとりです。企業としての目的と価値観を共有しながら、一人ひとりが持つ力、個性をいかんなく発揮できること。一人ひとりが、自分の仕事に働く喜びややりがいを持てること。この働く喜びがあってこそ、挑戦、誠実、共創、スピードを積極的に実践することができ、個人も会社もともに成長できます。そのために、会社と社員全員がともに、仕事にやりがいを持ち、働く喜びを感じられる環境をつくり続けていかなくてはなりません。