プロジェクトストーリー

機械、技術・ノウハウの組み合わせや融合を実現する「つなぐ」技術

機械、技術・ノウハウの組み合わせや融合を実現する「つなぐ」技術
僕 アルキャット。よろしくね!!

alkapplysolution 開発プロジェクト

  • 営業本部 柳平 茂夫
  • 開発企画部ソリューション開発課 金谷 英行
  • ソリューション推進部 ソリューション課 平山 憲志
  • 海外テクニカルサポート室 山田 聡克

お客様に付加価値を提供する新たなサービス

alkapplysolution(アルカプリソリューション)は、当社に蓄積された機能、技術ノウハウと、インターネットを含む最新のネットワーク技術を融合し、様々なソリューションを提供するサービスです。社会環境の急速な変化に対応すべく、従来のサービスにとどまらない付加価値を提供する新たなサービスの検討を重ね、2011年6月プロジェクトを発足。多くの課題を乗り越え、約3年後の2013年12月、国内でのサービス提供を開始しました。現在もコンテンツ拡充を行い事業展開を進めるプロジェクトのこれまでの道のりを、参加メンバー4人に聞きました。

プロジェクト年表 プロジェクト年表

これまで培ったシチズンの強みとネットワーク技術を活かす

金谷 英行

これまで培ったシチズンの強みと
ネットワーク技術を活かす

2010年から2011年初頭は、経済環境の変化にともない、日本のモノづくりが大きく変化した時期でした。社内ではお客様に対して「これまで以上の価値を提供しなければ」という危機感が高まっていました。革新的な機械を提供するだけでなく、新たなサービスで付加価値を高めたいと検討を開始。実現のために議論を重ね、サービスで活かせる当社の強みは、これまで蓄積してきた加工技術であることから、ネットワークのインフラ整備が進む今、これらを活用しようとの結論に達したのです。

課題の克服には数多くの困難が伴ったと語る4人のメンバー。
「お客様に受け入れられる方法は」「ビジネスモデルはどうするのか」「具体的な機能仕様には何が必要か」「社内での運用はどうするのか」など、様々な問題に対処しなくてはなりませんでした。

有識者メンバーを加えた専門チームも発足

山田 聡克

有識者メンバーを加えた専門チームも発足

開発にあたっては、タイアップしていただく会社やグループ会社、社内関連部門と協力しながら、大規模Webシステムを構築。システムが形づくられると同時に、eラーニングや動画など当社の加工技術を詰め込んだコンテンツを作るため加工技術者もメンバーに加わり、専門チームを立ち上げました。

本プロジェクトにおいて中心的な役割を果たした金谷は、「操作性と応答性という二つの重要な要素に注力しました。試行錯誤しながら試作と改良を繰り返し、時には後戻りしながら作り上げることもありました」と語ります。

平山 憲志

チームを率いた柳平は、「新しいことを始める際は、正直言って互いにぶつかり合うときもあったと思います。しかし、新たなチャレンジを形にするためにはそれを乗り越える力が必要でしたから、メンバー全員の想いは1つだったのでしょう」と振り返ります。
山田は「新たなアイデアを形にするのは0からのスタートですから、とても苦労しました。時にはうまく意思疎通できないこともありましたね」

今後はクラウドコンピューティングを活用した新サービスも

柳平 茂夫

今後はクラウドコンピューティングを
活用した新サービスも

eラーニングや動画などのコンテンツ制作の中枢を担う台本も完成し、それをもとに何度も調整を重ねました。システムとコンテンツが形づくられた後も何段階もの評価と改良を繰り返し、社内の評価をクリア。お客様に使用していただき、さらに改良を加えて、alkapplysolutionは完成しました。

「熱い思いでスタートしたプロジェクトは試行錯誤を重ね、新たなサービスを作り上げることができました。様々な立場から、個性あるメンバーが意見を出し合い、思いを深めていったことも大きな成果でした。alkapplysolutionは始まったばかり。コンテンツとして、お客様のお役に立てるにはまだまだです。今後も発展を続け、最新のクラウドコンピューティングを活用した新サービスなども拡充していきます」と金谷。

柳平は「今後は日本だけでなく、世界中の工場をインターネットでつなぎ、私たちのコンテンツを日常の道具として使ってくれるようなユーザーを増やしていきたい。さらに我々メーカーとお客様がネットワークを通じてコミュニケーションが図れる世界を構築していきたいです」と今後への意欲を語ってくれました。

お客様の様々な課題に応えるalkapplysolution

alkapplysolutionは、お客様の技術不足を含め様々な課題に応えるトータルソリューションを提供。会員制のシチズンのWebサイトから提供し、お客様の技術教育やレベルアップのサポート、NCオプションや複雑加工に役立つシチズン製マクロをいつでも使用したい時間だけ購入可能です。Webソリューションサービスには、以下の3つがあります。

alkartshop(アルカートショップ)

携帯端末などからシチズンWebサイトにアクセスしNCオプションやシチズン製マクロを使いたい時に使いたいだけ購入できます。

alkartschool(アルカートスクール)

携帯端末などを使って、好きな時間にどこにいてもNCスクールのeラーニングを受講できます。設定した管理者は、受講の進捗やテスト結果を確認することができ、人材教育の計画・実績確認に有効です。

alkartsite(アルカートサイト)

機械の定期点検手順や軽度な故障の復旧を行うための情報等を動画・電子マニュアル・Webでいつでもどこでも見ることができます。

当社を志望する
学生の皆さんへ

最後に、このサイトを訪問していただいた学生の皆さんへメンバーからメッセージを。
「当社では、やる気と責任を持って取り組めば、チャンスは無限にあります。機械の開発はもちろんのこと、機械と連携した新たなサービスの開発など、皆さんが活躍できる場はたくさんあります」と金谷。そのためにも「何かにチャレンジする気持ちで入社してほしい。学生のうちに様々なことにチャレンジし、たくさんの引き出しをつくってほしい。それがきっと役立つはずです」
柳平は「工作機械業界は変革期にありますから、そこに携わることは変化を自分たちで体験できるということです。工作機械メーカーの既存のイメージに捉われないで、新しい手法でモノづくりに参加する夢を持って、訪ねてきてほしい」
平山からは、社風に触れたメッセージがありました。
「当社には、何でも自分の意見を自由に言える風土があります。皆さんそれぞれが持つ可能性を実現できる会社だと思います」

開発担当者コメント

  • お客様の要望に積極的に応え、改善努力を

    営業本部柳平 茂夫
    立ち上げの準備からプロジェクトに携わっています。その後はシステムの実現に向けサポートに徹し、2013年3月にはソリューション推進部を立ち上げ、組織長としてお客様に販売やプロモーションを行っています。これからは既存のコンテンツをリニューアルし、お客様の要望にも応え、積極的に改善していきます。
  • お客様の役に立つサービスを提案し実現へ

    開発企画部ソリューション開発課金谷 英行
    プロジェクト発足当時から主担当として携わり、構想検討、プロジェクトの立ち上げ、企画提案、機能仕様の検討からサービス開始までの業務を一貫して担当しました。今後もお客様のお役に立てるサービスを自分なりに膨らませ、提案し、実現に向かって邁進していきたいです。
  • マニュアルや動画をWebにアップ。メルマガも配信

    ソリューション推進部営業技術課平山 憲志
    立ち上げ当初からプロジェクトに参加し、ソリューション推進部立ち上げとともに部に異動しました。現在は、会員の勧誘や名簿整理、電子マニュアルや動画をWebサイトにアップする作業を行っています。また、メールマガジンのアルカートマガジンを発行責任者として配信し、コラム等を執筆するなどの編集作業も行っています。
  • お客様が満足する製品をさらに提供したい

    海外テクニカルサポート室山田 聡克
    動画コンテンツの作成と、alkartpro2cloudという、プログラミングサービスを提供するコンテンツの評価・動作確認などを行っています。alkapplysolutionを皆さんにもっともっと知ってもらい、さらにお客様が満足するような製品を提供していきたいと思います。