社内活動

働きやすい職場づくりのため、社員が協力して、さまざまな社内活動を行っています。
社員の皆さんに活動内容について詳しくインタビューしました。

  • ひまわり活動

  • インタビュー

    ひまわり 委員長
    山口 貴史

    サービス部 海外サービス課

    Q1. 活動の内容を教えてください
    A1. 「女性社員の新しい発想を」という思いから、2012年に女性のみで活動を開始しました。“会社=従業員が元気になれる場所”、“社会・地域から見て元気を感じてもらえる会社”の2点が活動のコンセプトです。その実現のため、①コミュニケーション推進 ②環境改善 ③社会貢献活動の3つの視点から、楽しく・働きやすい環境作りに貢献しています。2016年度は新年会やBBQ大会、ゴーヤによるグリーンカーテン活動を行いました。ひまわり活動は、部署間を超えて「繋がり」を作る重要な働きかけをしていると思います。
    Q2. 活動によって得たものはありますか
    A2. 当社では、事業を推進するための組織=「縦糸」、部門と部門・人と人を繋ぐ=「横糸」というキーワードがあります。特にこの「横糸」の部分で大きなメリットを感じています。
    イベントを開催するときは、2ヶ月ほど前から皆で準備を始めます。仕事上ではなかなか関わりの持てない人と交流することで、違った視点から物事を見たり、働きやすい環境作りをしていくこと上で大きく役立っています。
    Q3. 今後の目標を教えてください
    A3. 「従業員が元気になれる」ことを目指して、みんなが楽しめるイベントを実施していきます!
  • マシナリー
    ニュース

  • インタビュー

    マシナリーニュース 編集長
    水出 康二

    総務部 総務課

    Q1. 活動の内容を教えてください
    A1. 毎月発行している社内報の、記事収集や編集を行っています。会社の方針や海外子会社の情報、社内クラブの情報、社内のイベントなど、社内で行われているさまざまな活動を知ってもらうための情報発信です。会社全体のことから個人の紹介まで、幅広い情報を持ち寄り作成しており、各ページに編集委員それぞれの特色が活かされていて読み応えのある内容だと思います!
    Q2. 活動によって得たものはありますか
    A2. 部署の垣根を越えて交流が広がりますし、編集会議では自分の知らなかった社内の新しい一面を知ることができます。各部署の仕事内容や社内活動を誌面にまとめて人に伝えることは、難しい作業だと感じる部分もありますが、多くの人に目を通してもらえることがやりがいに繋がっています。
    Q3. 今後の目標を教えてください
    A3. 社内の出来事に、興味を持って楽しく読んでもらえるような内容にしていくことが目標です!
    35年間毎月発行し続けている歴史ある社内報なので重圧はありますが、途切れることなく発刊していきたいと思っています。
部活動社内活動福利厚生