来る10月20日より23日の4日間 ポートメッセなごや におきまして「メカトロテック ジャパン2021」が開催されます。

弊社では「次の飛躍へ、いま伝えたい」をテーマに、日本専用モデルCincom L20VII、 Miyanoブランド初となるタレットLFV搭載ANX42SYYなどの最新機種をはじめ、ATC(自動工具交換)装置、高送り突切りホルダーなどの新商品を出展します。

さらに、「適切な情報を、適切なタイミングで適切な人に」をコンセプトに進化したalkapplysolution、ロボットシステムを活用した自動化提案FAフレンドリーに加え、出展者ワークショップでは「LFVがもたらす切削革命」と題して、不良率・作業負荷の低減、長時間無人運転など、LFVが現場にもたらす効果をご紹介。

お客さまのモノづくりを支えるトータルソリューションをご提案いたします。

登録はこちら
  • ※事前登録は、10月8日(金)から可能となります。
  • ※CITIZEN ONLINE をご覧いただくには、登録が必要です。「登録はこちら」ボタンをクリックしてください。
  • ※ご登録いただいた皆さまには、CITIZEN ONLINE事務局より「配信URL」を記したメールを送信させていただきます。期間中(10月20日から23日)および アーカイブ期限である11月30日(火)までは、そちらからご参加ください。
  • ※ 同業他社の方の登録は、ご遠慮ください。
出展機
  • L20XIIB5
    LFV
    主軸台移動形CNC自動旋盤
    L20XIIB5
    • 同時5軸制御により、複雑で高精度な加工が可能
    • バイト本数を6本に増加し、刃物不足を解消
    • 正面・背面で使用可能になったLFVが切りくずトラブルを解消
  • ANX42SYY
    LFV
    主軸台固定形CNC自動旋盤
    ANX42SYY
    • Miyanoブランドタレット機として初のタレットLFVを搭載
    • 搭載全軸にリニアガイドを採用し早送り速度が向上
    • 2スピンドル・2タレット・ダブルY軸の機能を全幅2,650mmに凝縮
  • L20VII
    LFV
    主軸台移動形CNC自動旋盤
    L20VII
    • 必要な機能を維持したまま、機械奥行きを155mm縮小、単位床面積あたりの生産性が向上
    • バイト本数を6本に増加し、刃物不足を解消
  • BNJ51SY
    主軸台固定形CNC自動旋盤
    BNJ51SY
    • 独自形状のバックワーキングタレットにより、アイドルタイムを大幅に短縮
    • 高出力の主軸モーターと、25Nm回転工具の採用で、高剛性で安定したミーリング加工を実現
  • L32ATC
    LFV
    主軸台移動形CNC自動旋盤
    L32ATC
    • ATC(自動工具交換)装置搭載により、合計13本のB軸回転工具を搭載
    • 数種類のワークを加工するツールセットを1回の段取りで行える環境を提供
  • MC20III
    LFV
    マルチステーションマシニングセル
    MC20III
    • 4モジュール機と共通の主軸になり剛性がアップ。さらにオプションで5インチチャックにも対応し加工ワークの幅が広がりました。
  • alkapplysolution
    alkapplysolution

      製造現場のDX(デジタル変革)を包括的に支援するアルカプリソリューション。

      スグに活用できるWEBサービス、IoTを使った最新のネットワークサービス、最新版プログラム作成支援ソフトなどを出展いたします。

      「適切な情報を、適切なタイミングで、適切な人に」伝える“新提案”の展示にもどうぞご期待ください。

  • FA Friendly
    FA Friendly

      お客さまの省力化・自動化のニーズにお応えする、新たなソリューション

      2つの新商品がオンカートタイプに登場

      バラ置きしたワークを、カメラにより姿勢・形状認識を行い、ピッキング→洗浄→乾燥→パレタイジングを行うシステム。

      ワークの内外径・全長計測、カメラによるバリ・打痕確認を行う自動検査システムをご紹介します。

Page Top