先輩紹介

生産管理/生産計画/生産管理部 生産計画課/小林 嘉奈子/2009年入社 文化情報学科卒
日本と海外を結ぶ窓口として、機械生産と信頼を支えるやりがい

志望動機 世界が認める製品、グローバルな展開に魅力を感じて

「この企業、かっこいい」。会社説明会でそう感じたことが、志望の大きなきっかけです。NC自動旋盤の世界トップブランドとしてグローバルに展開する当社は、仕事を続けるうえでかっこいいという思いが大切だと感じていた私にとって、とても魅力のある企業でした。また、地域密着型の企業を希望していたこと、就職活動中に接した社員の方や社内の雰囲気がとても良く、自分に合っているのではと感じたことも志望を決めた理由です。

仕事内容 日本と海外を結ぶ窓口に

私が担当しているのは、中国工場の生産計画や、ベトナム・フィリピンに向けての鋳物の発注計画の立案です。日本国内と海外工場を結ぶ窓口として、日々現地のスタッフとやり取りしています。入社5年目で今の業務を担当することになったのですが、はじめは「私には荷が重過ぎる」とプレッシャーを感じていました。しかし、発想を変えて「まだ5年目なのに、責任ある仕事を任されているんだ」と思うようになってからは、自然とモチベーションが上がりました。決して華やかではありませんが、自分の仕事に責任を持つことで前向きに取り組むことができました。

仕事のやりがいは、先輩や同僚から「ありがとう」と言ってもらえるところです。私自身も常に感謝の気持ちを持ち、どんなことにもしっかりと言葉にして伝えるよう心がけています。上司や先輩、現地スタッフなど、関わる全ての人たちが信頼し合い、頼り合うようなチームワークづくりを目指しています。

キャリアプラン 将来は、今よりももっとグローバルな活躍を目指す

最新の情報が必要なため、常に2画面展開で情報のインプット・アウトプットを繰り返しています。

現在は、海外の工場との連絡のやりとりが業務のほとんどを占めているのですが、コミュニケーション不足が課題となっています。会って話せばすぐに解決することも、電話やメールだけだとあまり上手くいきません。今後は、そういった壁を一つずつ乗り越えながら、円滑に仕事を進められるよう努力したいです。目標は、国内外関わらず「小林に任せておけば大丈夫」といわれるような、頼られる存在になることです。

将来は、グローバルに活躍するために、英語力やコミュニケーション能力を高めていきたいと考えています。プライベートでは、外国人の友人とメールを交換するなど、今できることに取り組んでいます。

1日の業務スケジュール

8:10
朝礼
8:15
スケジュールチェック、メール対応
8:45
現地担当者との交渉
9:50
休憩
10:00
中国輸入機の確認
11:00
現地担当者との交渉
12:00
お昼
13:00
部材供給計画作成
14:50
休憩
15:00
中国とTV会議
16:00
会議のまとめ
17:10
退社

学生の方へのメッセージ

何があっても、
後悔しない選択と決断を
仕事は楽しいことばかりではありません。こんなはずではなかった、と思う日もあるかもしれません。そんな壁にぶつかっても、決して後悔しない選択、決断をしてください。就職活動は初めての営業活動であり、とても貴重な時間です。この会社で働きたい!と感じたら、熱烈に自分を売り込んでください。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。
Kanako Kobayashi
職種紹介先輩紹介プロジェクトストーリー