1959
カナ自動歯割盤P-0
1959~1970年製造
時計用の小さい歯車(カナ)をカッターで歯切りする歯割盤。ホッパー等で供給されたブランクワークを、荒・中仕上・仕上の3枚のカッターで自動歯切を行う。
シチズン時計の成長に貢献。姉妹機にP-1大型カナ歯割盤がある。
カナ自動歯割盤 P-0
カッター軸径 ø15mm
カッター軸速度 2400min-1
最大加工径 ø3mm
最大加工長 10mm
最大歯数 25
最小歯数 6