1953
主軸台移動形カム式自動盤M-2
1953~1963年製造
日東精機はシチズン時計 精機事業部の前身となる会社で、シチズン時計の機械製造専門会社として設立。本機は日東精機が製作した最も小型のスイス型自動盤である。
上部に設けられたカウンターシャフトからベルト駆動で稼働する。戦後もしばらくの間「NITTO」の名を冠して生産され、その後モデルチェンジを行いM-2として生産されていた。
主軸台移動形カム式自動盤 M-2
最大加工径 ø2mm(黄銅)
ø1.5mm(鋼)
最大加工長 15mm
ツール取付本数 2~3
主軸最高回転数 4000min-1
所要馬力 1/10HP