1986
主軸台移動形NC自動旋盤F25(3F2/3F3)
1986~1988年製造
F-12で高い評価を得たスラント型ツインタレット構造と移動形ガイドブッシュという構成はそのままに、最大加工径をø25mmまで拡大したのが本機である。主軸と同期回転するロータリーガイドブッシュを標準装備し、カービックカップリングによりタレット剛性を向上させている。これまでの工作機械のイメージを払拭するデザインとカラーリングも好評であった。
主軸台移動形NC自動旋盤F25
最大加工径 ø25mm
最大加工長 200mm
ツール取付本数 10
主軸最高回転数 7000min-1
主軸モーター 3.7/5.5kW