1971
主軸台移動形NC自動旋盤D-16
1971~1982年製造
サーボモータによりウォームとウォームホイールを介してカム軸を回転、カム軸には各ツールに対応するマスターカムが取り付けられ、このカムによりツールを移動させる機構を持つ。
1970年の日本国際工作機械見本市において、丸紅飯田株式会社様(現在の丸紅株式会社)のブースに出展し、高い評価を得た。
>主軸台移動形NC自動旋盤 D-16
最大加工径 ø20mm
最大加工長 100mm
ツール取付本数 8
主軸最高回転数 5030min-1(15段変速)
主軸モーター 3.7kW