1978
主軸台固定形NC自動旋盤CNC-7BC/6BC
1978~1984年製造
NC搭載機として、ミヤノで初めての販売となったのが、CNC-7BC/6BCシリーズである。
幅広の12角タレットと大径スピンドルを並行配置することで、熱変位の少ない機械構成とし、一体鋳造の重量級ベッドと組合わせることにより、中~大径の重切削を得意とした。
長年培った自動盤技術と当時最新のNC技術を融合させた、使い勝手の良いバー&チャッカー機で、オプションのテールストックを用いることにより、長物加工にも対応した。
主軸台固定形NC自動旋盤 CNC-7BC/6BC
最大加工径(バー) ø54mm
最大加工径(チャッカー) 8"
タレットツール取付本数 12
刃物台割出し時間 3.2sec./1pos.
主軸最高回転数 3000min-1
主軸電動機 DC11kW