1957
主軸台移動形カム式自動盤C-7
1957~1970年製造
戦時中に設計した原型をベースにして近代化設計を行ったカム式自動盤。シチズングループの社内設備として現在でも多くの機械が稼動している。ガイドブッシュを中心にして、放射状に工具が取り付く刃物台を持ち、長さ方向と径方向の運動が別々のカムで制御されるため、総型バイトを使用せずに複雑な形状を切削することができる。3本軸アタッチメントを取り付けることで端面穴加工も可能にした。
主軸台移動形カム式自動盤 C-7
最大加工径 ø10mm(黄銅)
ø7mm(鋼)
最大加工長 50mm
ツール取付本数 8本
主軸最高回転数 8900min-1(16段変速)
主軸電動機 1.5kW