1931
卓上旋盤AL-1
1931~1962年製造
1930年にシチズン時計株式会社が発足すると、時計生産のための機械製作部門として工作機械事業がスタートした。1936年5月にはシチズン時計田無工場で「精機部」として約50名の人員が工作機械の製造を担当。現在、工作機械メーカーとなった出発点と言える。
本機はその頃に製作されたもので、製作当初から外販され、長きに渡って工具部門で使用されていた。
卓上旋盤 AL-1
センター高さ 50mm
ベッドの長さ 280mm(11インチ)
主軸最高回転数 5000min-1
最大加工径 ø5mm
電動機 1/2HP